Lavi.log

たけのこ

Takenoko

 旬のモノは美味しい。

 友人との何気ない世間話の中で、
ご近所にもらった筍が美味かったという話を聞き、
その時はそれ程でもなかったのですが、
時間が経つにつれて、頭の中で筍が肥大化し、
3時間後には筍が恋しくなっていました。

そこで、急遽むりやり友人を誘って、
筍を探しに出かけました。

といっても、筍を掘りに行くわけにも行かず、
その辺の料理屋に行って、
美味い筍にありつこうという安直な考えです。

とりあえず、
知っている料理屋に入って、
木の芽味噌和えを頼んでみました。
これはこれで、美味しかったのですが、
もう少し筍の香ばしさを味わいたい感じです。

そこで、次の店を探します。

時間も少々おそかったので、
なかなかこれといった店が見つからないまま、
結局、駅前の居酒屋に入るしかありませんでした。

ここでは炭焼きの筍が出てきました。
香ばしさという点で期待したのですが、
これはパサパサでダメでした。

こうなると、
満腹にも関わらず、
美味しい筍の幻が脳裏から離れません。

それから三日間、連続で筍食べてます。

そろそろ美味しい春キャベツが食べたくなりました。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.