Lavi.log

タイヤ交換

P-ZERO

 後部タイヤ2本を交換しました。
(クルマ師匠、ありがとうございました。)

最初は、いままで履いたことのない
ミシュランのタイヤや、
もっとコストパフォーマンスの高いタイヤも、
試してみたいと思ったりしていたのですが、
結局、いままでと同じピレリのタイヤに
落ち着いてしまいました。

クルマが古いと、
選べるタイヤもだんだん少なくなって、
さらに数を作らなくなるので、
タイヤ選びもむずかしくなってくるようです。

それでも、タイヤを交換すると、
クルマが生き返ったように、
路面をとらえる感覚が体感できるので、
しばらくは運転が楽しいです。

タイヤもいろいろネットで探してみると、
同じものでも販売価格に幅があります。
当然安く購入したいと考えますが、
意外と見過ごされるのが、
タイヤの製造年週です。

タイヤは本体にそのタイヤが、
何年の第何週に製造されたかが、
記されています。

タイヤのゴムも劣化するので、
製造後時間が経っているものや
長い間店頭の日の当たる場所に、
平積みにされたものは、
タイヤの性能が低下しているので、
チェックすべきだと思います。

タイヤの寿命は長くても5〜6年と
言われているようなので、
次回交換時期から逆算して、
なるべく新鮮なタイヤを
選びたいところです。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.