Lavi.log

植え替え

wpid-Zelkova-2008-02-25-09-11.jpg

 けやきの植え替えをしました。

植え替えの時期は、2年に一度くらい、
冬の休眠期の明ける直前に行います。

植え替えの時には、
鉢の中に密集した根をすいてやり、
充分に栄養が吸収できるようにします。
つまり枝と同様、
根も剪定し、手入れをするわけです。

枝と根の関係は、
地上と地中で、まったく別の世界にありますが、
一本の樹として一体です。

樹形が崩れてくるのは、
太い根が1本だけ成長し過ぎていたりしますし、
繊細な枝が枯れやすくなるのは、
鉢の中で根が密集し過ぎて、
充分な栄養が吸収できなかったりします。

地上の幹や枝を注意深く観察すると、
地中の根の状態が分かるようになりますが、
もの言わぬ樹の小さな事象に敏感でいる事は、
むずかしい事だと思います。

表層を見つめて、
本質をつかむのは、
本当にむずかしいのです。


Categorised as: blog


Comments are closed.