Lavi.log

ワイヤレス

 自宅で無線LANの設定をしていて、
たくさんの知らないアクセスポイントが
検索されるのに驚いた。
近所でたくさんの無線LANを使っているらしい。

無線LANはケーブルをつなぐ必要がなく、
ノートパソコンなどを自由に持ち運べて便利だが、
セキュリティに注意しないと、
隣人や他人が自由にネットにアクセスする事も、
可能になってしまう。

その人がただネットサーフィンをしているだけなら、
通信速度が遅くなる程度でたいした被害ではないが、
もしネット上で不正行為を行うと話が違う。

ログをたどれば誰の家から、
アクセスしたかが分かるので、
アクセスポイントの持ち主に、
不正行為の容疑がかかってしまう事になる。

悪意があれば、
わざとセキュリティの甘いアクセスポイントをさがして、
他人になりすまして悪事を働く輩もいるので、
やっかいだ。

無線ルータの中には、
買ったままだと、パスワードも、
暗号化もされていないものがあるので、
最低限、無線ルータにはパスワードを設定し、
信号を傍受されないよう、
暗号化を施す事が必要があると思う。

尚、以前主流だったWEPという
暗号化方法は、すでに解読方法が周知となり、
あまり役にたたなくなっているので、
できればWPAやWPA2の方式が良い。


Categorised as: blog


Comments are closed.