Lavi.log

予測不可能

IMG_0065.jpg

 けやきの芽がふくらみ始めた。
今年は暖冬で時期が早くなると思っていたが、
例年とあまり変わらない気がする。
けやきはけやきのカレンダーを持っているのかもしれない。

 けやきはほぼ予定通りだが、
人間はなかなか予定通りにはいかないなぁと思った。
ふくらみかけたけやきの芽をぼやっと眺めながら、
なぜ、人間は予定通りにいかないのか考えてみた。

まず、その原因としては、
予想できないアクシデントがある事。
これは予想できないのだから仕方がない。
出来る事といえば、せめて予想できるアクシデントに対して、
保険をかけることぐらいだろう。

それと、予測を間違える事もある。
例えば仕事で、夕方までに終わると思っていた仕事が、
夜中までかかってしまう事がよくある。
自分の作業能力を過信していたと言えばそれまでだが、
何度もあるので、いいかげん嫌になる。
しかし、これにはひとつ気がついた事がある。

予定というのは、作業の事だけを考えると立てやすいので、
つい作業を中心に予定を立ててしまう。
しかし、作業中も機械のように手だけを動かしている事は少なく、
考えながら作業をしているという事を見落としやすい。

作業が進むにつれ見えてくるゴールの隣には、
必ずといっていいほど問題点の陰が見え隠れするが、
その時、少しでも改善したいと主張する悪魔が現れる。
このわがままな悪魔とのやりとりに、
実は結構な時間を費やしてしまう。
しかもこの悪魔は、タチが悪い事に、
「予定」と書かれた標識をこっそり隠そうとしたりする。

この悪魔が現れる限り、予定は未定のまま、
〆切も加わって、三つ巴の攻防戦が繰り広げられるのだ。


Categorised as: 未分類


No Comments

  1. TAKASHI より:

    ホントそうかもしれない。
    いや、たぶんそうゆうことなんだ、と思ったよ。
    ただの楽天スケジュール家だと思ってたよ、自分の事。
    最近予定がびっしりのくせに、想像通りに進まなくて、
    いつ周りに迷惑かけてもおかしくない状態だった。
    「天才藤子不二雄も原稿を落としたことがある・・・」と
    ネガティブな呪文をつぶやきながら仕事してました。

  2. Lavi より:

    あれ? めずらしい。

    拙い文章にコメントありがとう。

    この文章を書いた後、
    「スピードハックス」という本を読み始めて、
    作業をもう一段小さい単位で意識すると、
    悪魔も小さくて、早めに出てくるので、
    対処しやすいという事を知りました。